第1回 たのやく読者モニター会 参加者募集中!
たのやく表紙
TANOYAKU
「たのやく」はジャンルを超えたさまざまな雑誌・書籍の“転載記事”により構成された雑誌。読めるのはホテルの客室だけ。書店やコンビニでは売られていません。いままでにない一風変わった雑誌(実用新案登録済)ですが、着実に発行部数を伸ばし、2017年3月号実績で70,000部を発行、全国に264店舗52,566室を展開する東横INNの「日本国内255店舗49,484室(2017年3月末現在)」×「365日」×「稼働率85%(2015年4月〜2016年3月の平均稼働率)」=年間約1,535万(約128万人/月)が見込まれる媒体です。
「たのやく」が読めるホテル
東横イン
vol.157 2017年5月1日発行
[特集] Dynamicなカラダ

“Dynamic”という英語には……
動的な、力強いといった意味が含まれていて、
“カラダ”という言葉と合わせると、
まさにその通り、力強く動くカラダ
ということになるでしょうか。

毎日、カラダって、いつも動いています。
歩いて、食べて、眠ってという基本的な行動で考えてみても、
脳や内臓や骨や筋肉、血液から細胞に至るまで、カラダは動いている。
どうせ動くならば、力強く動いた方がいいと思うのです。

しっかり歩いて、美味しく食べて、深く眠る。
自分の意のままにカラダを操る。
強く動くカラダが、強い意志を生むのかもしれません。

人を乗せて、地球は絶対的な力で我々を動かしているけれど、
その我々ひとりひとりが、社会を動かし、まわしているのは、世界。
健全で健康な世界に繋げるために、
まず自分の不自由なところを探してみませんか。

足腰か、肩や背中か、首や頭か、内臓か、ココロか……

強いところ、悪いところと恐れず対話し、力強く動くように導く。

“Dynamic”なカラダが教えてくれるもの、それは希望、かもしれません。

5月号(vol.157)の解答 ●漢字かんたん 4月号(vol.156)の解答 ●漢字かんたん
                                    
今月号の転載協力媒体
おうちヨガ くびれの魔法 世界一伸びるストレッチ 長生きしたければ足首を揉みなさい
おいないからだ ゼロベースランニング 美人をつくる熟睡スイッチ 太らない間食
陰五行 BODY INVEST CRUISE 365 日本一周絶景の旅
くらべる時代 男のきもの 展望と開運2017麗しのドレス
漢字太郎 ナンプレ 〆切仕事術国際開発ジャーナル
MetiHiragana Times 言葉を食べる不思議な生き物MarshV STREET
Starting a Garden

『たのやく』はスタッフが各出版社の編集長、編集スタッフに転載の許可をいただいています。
「おもしろいこと考えるね」そう言っていただける、おもしろいこと、新しいこと好きの
柔軟な編集部の方々のご協力により『たのやく』が成り立っています。
この場を借りて感謝申し上げます。

Copyright(c)2015 TANOYAKU Publishing Inc. All rights reserved.